会社設立までの流れ

1.最低限決めなければいけない事項
・商号
・本店所在地
・目的
・資本金額
・株式数(設立時の発行数、上限数)
・公告の方法
・株式譲渡制限の有無
・事業年度
・出資額
・役員(取締役・代表取締役等)
・発起人(出資者)

2.定款の認証
定款を作成した後、公証役場に行き、定款が正式な手続で作成されたものであることを証明してもらいます。
これを認証と言い、合同会社の場合は必要はありません。

3.資本金の払い込み
出資者全員が金融機関の出資者の中の一人の預金口座に出資金を払い込み、この払い込んだ金額の全額又は一部が資本金となるのです。

4.登記申請
登記に必要な書類を作成できたら、法務局へ登記書類を提出します。
不備がなければ会社成立です。
会社の成立日は登記書類を提出した日となりますが、その後必要となる登記簿や印鑑証明書、印鑑カードが出来上がるまでには、提出してから1週間から2週間ほどかかるようです。