会社形態

会社法施行後、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つの会社形態が設立可能となりました。
合同会社は、会社法施行後に設立できるようになった新しい法人の形態で、LLCと略されることもあります。


株式会社株式会社
一般的に会社といえばこの形態を指すくらいに、最もポピュラーな法人の形態になります。
株式会社の特徴は、株式という会社の構成員となりうる地位を細分化し、構成員(株主)の責任を有限として資本を募ることで、少額の資本を多くの人から集める"資本の結集"を行いやすいことです。

もっとも、実際には資本の結集を意図して設立・経営されるというよりも、大企業と同じ形態の法人を選択することによって、対外的な信用を得るという目的で設立される面が強いのが、株式会社になります。
会社法施行によって、最低資本金の額が撤廃され、また定款自治の拡大に伴い機関設計などもかなり自由になりましたので、今後ますます利用される可能性の高い会社形態であるでしょう。

合同会社合同会社
会社法の施行によって、新しく設立可能になった会社です。
合同会社は、構成員の責任が有限責任であり、また内部自治の柔軟性が高いというメリットがあるため、法人と組合の利点をあわせ持った会社形態といえるでしょう。

特に、利益配分を出資とは異なる比率で配分できる点は、構成員の知識や情報を重視する昨今においては、利用しやすい法人形態です。
設立手続きが株式会社と比較して簡易であり、費用もそれほどかからず、また内部自治の柔軟性が高いことから、小規模な会社を設立する場合には、この合同会社は活用できます。

合名会社合名会社
株式会社や合同会社と比較して、合名会社や合資会社は、より特殊なイメージで捉えられることの多い会社形態のようです。
合名会社の特徴は、構成員全員が無限に責任を負う無限責任社員からなる会社であるという点であり、全員が無限責任を負うことから、強い信頼で結びついている人同士が設立する以外には、利用することが難しい形態です。

合資会社合資会社
合資会社は、構成員の中に無限に責任を負う無限責任社員と、有限に責任を負う有限責任社員とが併存する会社形態です。

無限責任社員と有限責任社員が最低1人ずつ必要ですから、他の会社形態とは異なり、最小構成員数は2人です。
無限責任社員が必要なことから、この形態の法人も利用することが難しいでしょう。