新会社法とは

2006年5月から新会社法が施行され大きく法律が改正されました。

新会社法の特徴

1.有限会社の廃止
新会社法では、有限会社はなくなり株式会社にまとめられます。
このため、新会社法施行後は、新しく有限会社をつくることはできなくなりました。

施行前につくられた有限会社は、そのまま有限会社と名乗り続けるか、株式会社など他の組織体へ変更も可能です。

2.資本金は1円でOK
新会社法では、最低資本金という規制がなくなりました。
最低資本金制度(有限会社は300万円、株式会社は1000万円)が完全に廃止され、新会社法では下限額の制限を設けていないので、出資額が1円でも可能になりました。

なお、新会社法の施行後、施行前に作った有限会社を株式会社へ変更するときも最低資本金の規制がなくなるので、資本金を増額する必要はないのです。

3.取締役は1人でOK
改正前の商法では、株式会社では取締役会を設けて、取締役3人以上、監査役1人以上を選ばなければいけませんでしたが、新会社法ではこの会社の基本的な形が変わりました。

新会社法スタート後は、定款に株式の譲渡制限の記載がある株式会社に限り、取締役を1人に、監査役は置かなくてすむことが可能になったのです。